リアンジェ

ぬいぐるみのホツレ縫い綴じ

胸のあたりから、中綿がみえていた羊さん。
生地が劣化してしまい、胸元がほつれて、中綿が出てしまっていました。
クリーニング後に、中綿を交換し、ほつれた部分の生地を補強してから、縫い閉じ。

胸元や、脇、首の付け根など、縫い綴じされている箇所から、中綿が出てしまうことがあります。
原因としては、縫い付けている糸の劣化であったり、生地自体の劣化であったり。

生地の劣化具合によっては生地補強の作業を行っています。

なかには、生地の劣化が広範囲なために、生地補強では対応できない場合があります。
気になるときは、ぜひお早めにご相談くださいませ。

ご注文はこちら